旅行のとも、ZenTech 日本編
旅行のとも、ZenTech > 日本地図 > 北海道地図 > 渡島総合振興局地図

函館市


 函館市(はこだてし)は、北海道渡島総合振興局(道南地方)にある市(中核市、振興局所在地)です。渡島半島の南東端である亀田半島のほぼ全域が函館市となっています。面積は 677.9平方キロメートル、北海道内では 35番目に面積の大きな自治体です。人口は 253,156人(2020年7月31日推計)、北海道では札幌市旭川市に次いで 3番目に人口の多い街です。
 函館市の観光名所としては、函館駅、函館駅前バスターミナル、キラリス函館、函館駅前ビル、大門横丁、函館朝市、函館市青函連絡船記念館摩周丸、はこだてビール、はこだて明治館、金森赤レンガ倉庫、函館西波止場、函館市役所、北海道坂本龍馬記念館、日本基督教団函館教会、真宗大谷派本願寺函館別院(国の重要文化財)、カトリック元町教会、函館聖ヨハネ教会、函館ハリストス正教会復活聖堂(国の重要文化財)、プレイリー・ハウス(旧佐田邸、国の登録有形文化財)、函館市文学館、北島三郎記念館(ウイニングホテル内)、箱館高田屋嘉兵衛資料館、市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店、北海道指定有形文化財、刀 銘源正雄は北海道指定有形文化財(工芸))、函館市北方民族資料館(旧日本銀行函館支店)、函館市旧イギリス領事館(開港記念館)、旧相馬邸、元町公園(箱館奉行所跡、旧北海道庁函館支庁庁舎と旧開拓使函館支庁書籍庫は北海道指定有形文化財)、旧函館区公会堂(国の重要文化財)、遺愛学院(旧遺愛女学校、旧宣教師館と本館は国の重要文化財、遺愛学院講堂と謝恩館は国の登録有形文化財)、緑の島、箱館丸、太刀川家住宅店舗(国の重要文化財)、函館市国際水産・海洋総合研究センター、高龍寺(釈迦涅槃図 蠣崎波響筆は北海道指定有形文化財(絵画))、外国人墓地、旧ロシア領事館、函館市元町末広町伝統的建造物群保存地区(函館西部地区の町並み(函館市弥生町、元町、末広町、大町および豊川町の各一部)、国の重要伝統的建造物群保存地区)、五島軒本店旧館(国の登録有形文化財)、北海道教育大学函館校北方教育資料館(旧函館師範学校、国の登録有形文化財)、函館中華会館(国の登録有形文化財)、大手町ハウス(旧浅野セメント函館営業所、国の登録有形文化財)、函館山ロープウェイ、函館山(標高 334m、日本三大夜景の一つ、他の二つは「摩耶山(六甲山、神戸)」と「稲佐山(長崎)」)、函館護国神社、函館公園(市立函館博物館(北海道志海苔中世遺構出土銭は国の重要文化財、樽岸出土の石器と椴法華出土の尖底土器と日ノ浜遺跡出土の動物土偶とサイベ沢遺跡出土の遺物および住吉町遺跡出土の遺物は北海道指定有形文化財(考古資料)、石崎八幡神社の鰐口は北海道指定有形文化財(歴史資料))、旧函館博物館1号・2号は北海道指定有形文化財)、碧血碑、高野寺(木造大日如来坐像は国の重要文化財、本堂と開山堂と山門及び袖塀と防火塀および金毘羅堂などが国の登録有形文化財、北海道三十三観音霊場1番札所)、谷地頭温泉、函館八幡宮、立待岬、大鼻岬、五稜郭(国の特別史跡、五稜郭タワー、箱館奉行所)、函館市中央図書館(夷酋列像粉本は北海道指定有形文化財(絵画))、北海道立函館美術館、函館市芸術ホール、函館市北洋資料館、シネマアイリス、シエスタハコダテ、丸井今井函館店、千代台公園野球場、千代台公園陸上競技場、亀田八幡宮、函館競馬場、函館アリーナ、函館市民会館、湯倉神社、湯の川温泉(名湯百選)、函館市熱帯植物園、見晴公園、旧岩船氏庭園(香雪園、国の名勝)、市民の森、トラピスチヌ修道院、函館空港、志苔館跡(国の史跡)、函館IC/JCT、函館 蔦屋書店、津軽海峡フェリー函館ターミナル、青函フェリーターミナル、市立函館病院、北海道渡島合同庁舎(渡島総合振興局)、四稜郭(国の史跡)、笹流ダム(近代水道百選、笹流貯水池(ダム湖百選)) 北海道立道南四季の杜公園、新中野ダム、恵山道立自然公園、戸井線跡アーチ橋(未成線)、汐首岬(亀田半島の最南端)、戸井ウォーターパーク、武井の島展望台(憩いの丘公園)、道の駅なとわ・えさん、恵山岬(亀田半島のほぼ東端)、恵山(標高 618 m、活火山)、恵山温泉郷(名湯百選)、恵山丸山(標高 691m)、恵山つつじ公園、恵山道立自然公園、恵山岬灯台、恵山日ノ浜海岸、水無海浜温泉、川汲温泉、道の駅縄文ロマン 南かやべ、函館市縄文文化交流センター(中空土偶は国宝、北海道豊原4遺跡土坑出土品は国の重要文化財)、大船遺跡(国の史跡)、大船温泉(上ノ湯、下ノ湯)、垣ノ島遺跡(国の史跡)、称名寺(板碑(貞治の碑)は北海道指定有形文化財(考古資料))、函館市戸井郷土館(板碑(戸井町の板碑)は北海道指定有形文化財(考古資料))、恵山貝塚(函館市指定史跡)、女那川煉瓦製造所跡(函館市指定史跡)、古武井溶鉱炉跡(函館市指定史跡)、大三坂道(日本の道100選)、元町中区配水池(近代水道百選)、函館漁港船入澗防波堤(未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選)、亀田川水源の森(水源の森百選)、内浦湾沿岸の縄文文化遺跡群(北海道遺産)、函館山と砲台跡(津軽要塞、北海道遺産)、路面電車(函館市企業局交通部、北海道遺産)、北海道のラーメン(函館ラーメン、北海道遺産)、函館西部地区の町並み(北海道遺産)、五稜郭と箱館戦争の遺構(北海道遺産)、毛無山(標高 630m)、三森山(標高 842m)、袴腰岳(標高 1,108m)、泣面山(標高 835m)、穴澗海岸、大森浜、日浦岬、函館湾などがあります。函館市の周辺は、北斗市、亀田郡七飯町、茅部郡鹿部町、海上を隔てて青森県下北郡大間町が位置しています。
 
函館市地図(Map of Hakodate City, Oshima Subprefecture, Hokkaido Prefecture, Japan)
函館市地図
地図サイズ:640ピクセル X 480ピクセル
 
函館市白地図(Outline Map of Hakodate City, Oshima Subprefecture, Hokkaido Prefecture, Japan)
函館市白地図
地図サイズ:640ピクセル X 480ピクセル
 
渡島総合振興局における函館市の位置が判る地図
渡島総合振興局函館市地図
地図サイズ:480ピクセル X 360ピクセル
 
北海道における函館市の位置が判る地図
北海道函館市地図
地図サイズ:520ピクセル X 480ピクセル
 
北海道函館市 詳細地図、Google Map
 

 
サイト内の関連コンテンツ
函館市地図函館市気温函館市の天気
ページ先頭(北海道:函館市地図)へもどる。
旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。  Copyright © 1997-2020 ZenTech. All Rights Reserved.