旅行のとも、ZenTech
旅行のとも、ZenTech > 海外旅行 地図 > 東南アジア地図 > タイ地図 > バンコク地図 > バンコク中心部地図

ドゥシット区 地図


 ドゥシット区(英語:Dusit district, Bangkok、タイ語:เขตดุสิต)は、タイ王国の首都バンコクを構成する50の行政区の一つです。ドゥシット区の人口は 95,852人(2017年現在)、面積 10.7平方キロメートルです。バンコクの旧市街であるプラナコーン区に北側に位置しています。チャクリー改革を行いタイの名君として現在でも尊敬を集めているラーマ5世(在位:1868年10月1日~1910年10月23日)の時代にドゥシット地区の開発が進められ、1900年にウィマーンメーク宮殿、ラーマ6世によってチットラダー宮殿が建てられ、現在もタイ王室の住居となっています。 国会議事堂や首相官邸などの政府機関も多く立地し、ドゥシット地区はタイ政治の中心地となっています。観光面では、ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)、ドゥシット動物園、アナンタ・サマーコム宮殿(旧国会議事堂、イタリア風建築、現在は迎賓館として使用、非公開のため道路から外観のみ見学)などがあります。
 
 ドゥシット区の観光名所としては、 ウィマーンメーク宮殿(Wimanmek Mansion Palace (Vimanmek Palace)、ラーマ5世博物館)、 ドゥシット動物園(カオ・ディン、Dusit Zoo (Khao Din Wana))、 ドゥシット宮殿(Dusit Palace)、 アナンタ・サマーコム宮殿(Ananta Samakhom Throne Hall)、 ラーマ5世騎馬像(King Rama 5 Monument)、 チットラダー宮殿(Chilada Palace)、 パールサカワン宮殿(Paruskwan Palace、警察博物館)、 ラダワン宮殿(Ladawan Palace)、 ロイヤル・ターフ・クラブ(Royal Turf Club、競馬場・ゴルフ場)、 首相府(Prime Minister's Office)、 スコータイ宮殿(Sukho Thai Palace)、 ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院、Wat Benchamabophit)、 ワット・テワラート・クンチョン(Wat Thewarat Kunchorn)、 ワット・ラーチャーティワート・ウィハーン(Wat Rachathiwat Vihara)、 ワット・ボート・サームセーン(Wat Bot (Sam Sen))、 ワット・プラサート・ブンヤーワート(Wat Prasat Bunyawas)、 ワット・マイ・トーンセーン(Wat Mai Thong Sen)、 ワット・ケーウファー・チュラーマニー(Wat Kaew Fah Chulamanee)、 ワット・スカンタラーム(Wat Sukhantharam)、 ラチャワート市場(Ratchawat Market)、 腐敗防止博物館(Anti Corruption Museum)、 タイ王国国会議事堂、 タイ国会議事堂博物館(The Thai Parliament Museum)、 タイ王国陸軍兵器博物館(The Royal Thai Army Ordnance Corps Museum)、 シンハ・ビール博物館(Singha Museum)、 タイ新聞博物館(Thai Newspaper Museum)、 国立図書館(National Library、周辺にゲストハウスが集まる安宿街)、 スワン・ドゥシット地域総合大学(Suan Dusit University)、 スワン・スナンター・ラーチャパット大学(Suan Sunandha Rajabhat University) などがあります。
 
 ドゥシット区のホテルとしては、ザ・サイアム・ホテル、ザ ラウィーカンラヤ バンコク、ザ ロイヤル リスパ、ユーエムエー レジデンス、プルマン バンコク キング パワー、プラヤ パラッツォ ホテル、コジーコム バンコク、クラフツマン バンコク、グランド ハイアット エラワン バンコク、エスシップ ホテル、ロイヤル プリンセス ラーン ルアン、バンコク オアシス ホテル、トリ プレステージ バンコク ホテル、ホテル ミューズ バンコク ランスアン エム ギャラリー コレクション、アナンタラ サイアム バンコク、パトゥムワン プリンセス ホテル、ノボテル バンコク オン サイアム スクエア、ビー ウィッシュ レジデンス、フュン ホテル、チラックス リゾートなどがあります。
 
バンコク ドゥシット地図(Map of Dusit district, Bangkok, Thailand)
ドゥシット地図
地図サイズ:360ピクセル X 480ピクセル
 
 ドゥシット区への交通アクセスは、基本的に路線バスとなります。ドゥシット区の東端を南北にタイ国有鉄道の北本線(クルンテープ=チエンマイ線)が通っており、ヨムマラート駅(Yommarat)、ラーマーティボーディー病院駅(Ramathibodi Hospital)、サームセン駅(Sam Sen)、パーディパット駅(Pra Dipat)があります。バンコク・メトロとバンコク・スカイトレインはドゥシット区に路線はありません。バンコク・メトロはドゥシット区の北辺から900mほど北にMRTブルーラインが通り、MRTバーンスー駅(Bang Sue)、MRTタオプーン駅(Tao Poon)、MRTバーンポー駅(Bang Pho)があります。バンコク・スカイトレインはドゥシット区の東辺から1400mほど東にBTSスクムウィット線が通り、BTSラーチャテーウィー駅(Ratchathewi)、BTSパヤータイ駅(Phaya Thai)、BTSアヌサーワリー・チャイサモーラプーム駅(戦勝記念塔駅、Victory Monument)、BTSサナームパオ駅(Sanam Pao)、BTSアーリー駅(Ari)、BTSサパーンクワーイ駅(Saphan Khwai)があります。
 
ドゥシットの交通機関と見所
 
ドゥシット地図、Google Map
 

 
サイト内のバンコク地図
バンコク中心部王宮と周辺スクンビット地区サイアム地区カオサン地区チャイナタウン地区サートーン地区シーロム地区プラトゥーナム地区ドゥシット区ショッピング地図レストラン地図
ページ先頭(バンコク:ドゥシット区 地図)へもどる。
旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。  Copyright © 1997-2022 ZenTech. All Rights Reserved.